特にASP系広告に挑戦していて、

全然成約に繋がらない人からすれば、

「何でこんなに難しいの?」

って思うかも知れません。

 

私も定期的にライバルチェックしますので、

その度に数百以上のサイトは普通に見ています。

 

上位表示されているからと言って、

「これは強引すぎじゃ?」

と思う記事の方が多いです。

 

もちろん、

記事に正解は無いと思いますし、

売れているセールスページも、

テキストをコピペして保存し、

定期的に修正したりしていますので、

こだわれば終わり無い感じです。

 

で、本題ですが、

あなたのセールスページ、

そこそこは成約していますか?

 

多分ですが、真面目な方であれば、

色々な本やブロガーの記事を

参考にしていると思いますが、

イマイチ「キモ」が掴めないと思います。

 

そこで、実際に私が主力にし、

私が教えて来た人も成約を取って頂いている

「成約しやすい固定ページの書き方」

について、説明させて頂きたいと思います。

 

あくまで私達の書き方ですので、

あなたが100%取り入れる必要は有りません。

 

ですが、

「サイトのセールスページって、

確かにこんな流れが多いなぁ…」

って思う方の方が多いとは思います。

 

9割以上のアフィリエイトサイトが売れない理由

まず、実際にあなたも気になる事は、

常に検索する癖を付けて頂きたいです。

 

アフィリエイターになると、

何故か殆どの方は、検索者の気持ちが

分からなくなってしまうからです。

 

訪問者の立場になると分かるのですが、

サイト内に自分が居ない場合、

「フッ」と急に冷めてしまうと言うか、

他人事になりませんか?

 

そんな状況で、

急に案件を強く勧められた所で、

まず、あなたは買わないとは思います。

 

ですが、

あなたが悩んでいる事と

全く同じ悩みを解決した人が居て、

これ使ったら良かったと書いてあれば、

興味は出ますよね?

 

結構、

一生検索沢山記事を投稿しているのに、

全然成約に結び付かない人程、

幅広ーーーーーーーーい人に

売ろうとし過ぎる傾向が有ります。

 

そんな不特定多数向け記事なのに、

いきなり強くセールスする人が殆ど。

 

そこそこ良いキーワードで、

上位表示されているのであれば、

まずはそこを意識してあげると

成約率が変わると思います。

 

例えば、

日本中の薄毛の人に紹介するよりは、

30代で生え際の抜け毛が

気になり始めた方に対して、

 

「もしかすると、

AGAかも知れませんよ?

進行すると治すには本格的な治療が必要、

月◯◯万円位します。

 

カツラなら◯◯万円、

植毛なら◯◯◯万円します。

 

育毛剤も原因が分からないと

選びようが有りませんし、

AGAは、男性型脱毛症。

 

つまり「症」ですので、

私達素人が判断出来る物では有りません。

 

もしかしたら、

30代を超える時に起こる

新陳代謝の低下や季節が原因の

抜け毛かも知れませんしね。

 

これだと、

AGAに良いと言われている育毛剤を

使用するよりは、髪によい食事やサプリ、

運動や入浴等によって、

新陳代謝を上げた方が良さそうです。

 

ただ、AGAだと放置すると

大変な事になる事が多いですし、

とにかく抜け毛の原因が知りたいですよね。

 

ちなみに、最近、AGAクリニックが、

無料で診断や相談をしてくれている事は、

ご存知でしたか?

 

ちょっと端折り過ぎですが、

こっちの方が自然です。

 

でも、何でこんな文章でも、

楽に成約に結びつくのか?

が不思議だと思いますので、

まずは案件選びのコツ等から説明させて頂きます。

 

8割型決まる売れる案件選び

あなたが、街を歩いている時、

新製品の醤油を宣伝に来たセールスマンに、

偶然、2回遭遇するとします。

 

片方は有名な醤油メーカー、

もう片方は聞いた事が無いメーカーなら、

あなたはどちらが良いですか?

 

殆どの方は有名な醤油メーカーに

興味を持ちます。

 

次、あなたは今度、

火星人語の勉強が必要になりました。

 

来年には火星に転勤、

何とかして覚えなくてはなりません。

もうパニックです。

 

そこで、火星人語を学ぶスクールに

通う事になりました。

ネイティブ火星人が居て直接学べる

有名な2社に絞り込みました。

 

Aスクールは、

1回無料体験が出来、

Bスクールは、

初回半額で利用が出来ます。

あなたならどちらを選びますか?

 

この、知名度と敷居の低さは、

言われると当たり前の事なのですが、

初心者の方は軽視してしまいがちです。

 

今扱っている案件を

思い出してみて下さい。

多くの人が知っている名前ですか?

 

気になる場合は、

グッドキーワードへ入力してみて下さい。

>>グッドキーワード

 

 

関連キーワードが少なく、

グーグルトレンドの数値が低い場合、

特殊な案件以外は難しいです。

 

次は訪問者にとって敷居の低い案件ですが、

「敷居」は、金額であったり、

入力工程であったり、

本人確認資料であったりと様々です。

 

最初の内は、報酬金額よりも

敷居の引くさの方を基準にした方が

良いと思います。

 

あとは、

案件LPです。

 

ここはあなたの直感に合わせて

大丈夫ですが、

申し込みや購入が

少しでも面倒だと感じた場合、

訪問者も同じように感じています。

 

次の2つの案件を見た時、

あなたはどちらに申し込みしますか?

 

案件A

 

 

案件B

 

 

案件Aは、

上にメニューが沢山有りますし、

迷う方も居るかも知れません。

 

案件Bは、

誰でも迷う事無く申し込みが出来ます。

私なら100%後者を選びます。

 

確かに、

サイトディレクションは重要ですが、

アフィリエイトで結果が出ない人程、

LPを見る事はしないです。

 

LPと公式サイトは、

キーワードとターゲティング情報満載の

「宝の宝庫」です。

 

特に最近では、

売れているアフィリエイターから、

当たり前のようにコンテンツと

成約キーワードをパクリ、

堂々と公式サイトに採用している企業が

増えて来ました。

 

参考にするべき所は、

山程有りますので、公式LP以外に

公式サイトを運営している案件は、

積極的に調べ尽くして下さい。

 

初心者でも楽に成約出来る案件は、

知名度が高い×敷居が低い

と言う事は採用して頂けそうですか?

 

次は肝心の記事構成ですが、

初心者でも簡単に成約出来るのは、

セールス用の固定ページを作り、

しっかりと興味を持って頂ける記事構成にし、

文字リンクで誘導してあげるやり方です。

 

やっとこさ【悪魔の固定ページ】の説明へ

いきなり固定ページの説明をしても、

まず失敗されてしまいますので、

上の記事は、頭の片隅のどこか一部にでも、

残して頂けると助かります。

 

少し唐突ですが、

私はこんな感じで成約する記事を書く事が多いです。

 

基本的にインデックスさせない固定ページを用意して、

「案件のジャンル系キーワード」

から文字だけの内部リンクで飛ばす事が多いです。

 

遠いキーワードであれば、

「案件のジャンル系キーワード」にリンクを飛ばすか、

強引に固定ページに飛ばす場合も有ります。

 

ですが、

あまりにも成約から遠そうなキーワードは、

サイトボリューム感アップ目的と

割り切る事が多いです。

 

成約に繋がりそうなキーワードでも、

全く固定ページに飛ばない場合が有りますので、

その場合はリンクしません。

修正して普通の記事に変えてしまいます。

 

固定ページ自体は、

【題名】壊れた冷蔵庫を高値で売却出来た◯◯が凄すぎ!

 

考え方は色々だと思いますが、

固定ページに属性が合っている人が、

気になってクリックして頂く事を意識しています。

 

比較サイトが紹介したいのであれば、

【題名】(管理人名)の◯◯激辛口レビュー

でも良いと思いますし、

【題名】話題の◯◯を使ってみました!素直過ぎる感想

ニュアンス的にはこんな感じが多いです。

 

文章構成としては、

●故障した冷凍庫が邪魔過ぎる

●故障した冷凍庫を直して使いたい

●修理高すぎ…新しいの買えるぞコレ

と言う方向けにしてます。

 

検索者の頭のどこかには、

●古い冷蔵庫は、

新しくてエコな冷凍庫と比べて、

消費電力が酷いから長い目で見ると?

●新しいのが欲しい

が潜んでいたら嬉しい感じですね。

 

文章には、

●放置してて、故障したら大変ですよ

●修理費用が◯万円

●留守中に火事とか起こる可能性

●処分費用は馬鹿にならない

●リサイクル無料回収はヤバイ

とかは意識します。

 

基本的に冷凍庫が壊れて悲鳴を上げる人が

検索するキーワードが軸です。

●冷蔵庫故障+◯◯

●故障+型番

●故障+箇所

●故障 冷凍庫+◯◯

●不具合系

●ショート系

●効きが悪い系

 

それらが網羅出来れば、

●今の冷凍庫が壊れたらどうなるの?

●10年超えたらどうなるの?

●寿命とかはいつ?

●買い替えのタイミングは?

●新型の燃費は?

等に関連するキーワードも狙います。

 

地域系は膨大ですので、

関連キーワードが表示されれば、

と言う感じです。

 

それか、

リスティングで取れたら採用かな?

と言う感じです。

 

文章構成ですが、

1、放置する事によるデメリット

2、売却出来る方法についての匂わせ

3、案件利用時のハッピーエンドを

想定した画像

 

4、デメリットと危険性

5、デメリットと危険性の解決策、

小見出しへの関心へと繋げる文

 

6、【小見出し】なぜ、高額売却出来てしまうのか?

7、一般的な事実

8、検索者と共感する

 

9、【小見出し】故障した冷蔵庫を高くうる方法3選

10、3種の方法を比較

友人や家族に売る、ヤフオクやフリマアプリ、

専門業者等

 

11、買取業者に誘導する

12、買取業者を勧める理由

13、5項目位提示して選択肢を誘導する

1円も損せず売却したい、今スグにでも手放したい、

友人や家族と揉めたくない、手間と時間が勿体無い

 

14、買取業者を勧める

15、【小見出し】他の方法がダメダメな理由

16、他の手法のデメリットや危険性

17、買取業者を肯定する

18、ベネフィット

 

19、【小見出し】本当にそんな買取業者が有るの?

20、次の比較表につながる文

 

21、【小見出し】冷蔵庫を買取3サービス

22、3〜5サービス比較表

23、3〜5サービスの紹介

一番上が一番売りたい案件で、

他の紹介はあくまで売りたい案件の

引き立たせ役です。

 

●権威性

●特徴

●メリット・デメリット

●期間限定特典等

●価格

 

当たり前の話になりますが、

そのサイトによって固定ページの

構成は違いますし、繰り返しますが、

正解は無いです。

 

気になるサイトがあれば、

セールスページは必ずチェックする癖をつけ、

構成をしっかりと吸収してみて下さいね。