特化型ブログでコツを探す前にコレはどう?【長く稼げるアドセンス術】

特化型ブログを作る時、実際に私と他のアフィリエイター、私が教えている人が基準とするのは、今は、「資産になるのか?」「外注化出来るのか?」「売れるか?」がです。

ひと昔なら、「資産・資産・自動販売機や〜!」と楽観的に散財していたアフィリエイターは、殆ど絶滅したと言っても過言ではありませんし、悪目立ちしている人間は、「それを見た人に夢を与える仕事をしている」と言えますね(笑)

 

それに、殆どのブロガーやサイトアフィリエイターは、検索エンジンのアルゴリズム変動などが原因で、「積み上げて来た物が壊れる」「1から頑張る」の繰り返しで、なかなか他の事に挑戦出来ないのが現状です。

ちゃんとした方法を実践しているのであれば、まず、Googleアドセンスで結果が出ない筈はありませんが、ASP系広告の場合、仮に1サイトで月100万を稼ぐ人が、全く同じノウハウで他に作ったとしても、パッとしなかったりと言うのも普通です。

 

ですので、あなたが今後も長く活躍して行きたいのであれば、アドセンス単価が高いジャンルの特化型ブログをコツコツと積み上げて行ったり、途中から外注化したりした方が良いですね。

これは怖い話なのですが、月20万円稼ぐブログを作ったけれど、あなたがそればかりに時間を取られていたのであれば、あなたの市場価値は、月20万円の価値しかありません。今後もずっと・・・最悪のパターンは、それがアルゴリズム変動で飛んだ場合です。

 

今度は、あなたの市場価値は「ゼロ」になったと言う事です。勿体無いですし、悔しくないですか?

特にGoogleアドセンスの場合、ASP広告のように名称変更や報酬率変更、案件終了等がありませんので、作りやすいのが特徴ですし、基本的に外注化しやすいのも魅力です。

 

「外注化しやすい」と言う事は、ある一定ライン以上のライティングスキルが備わっている人であれば、「お金を支払えば書いて頂ける」と言う事ですので、あなたの考え方次第で、今後、大きく飛躍する事が出来ると思いませんか?

つまり、あなたが、「プレイヤー」から、「経営者」にシフトして行く事が現実的になって来ると言う事ですし、情報発信へとシフトして行き、大きく稼ぐ事も可能になって来ます。

 

ですが、まず、その為には、現実的な物(お金)が必要になって来ますよね?その為にも、この記事はお役に立てると思います。

今まで「ひーふーひーふー」言いながら、「ブログは肉体労働!ブログは肉体労働!」と視野が狭すぎる人は、この記事も参考にしつつ、「経営者になる」=「サイトディレクション」出来る人になる。

 

もしくは、ノウハウを正しく伝える価値提供者になる。と言う、「ゴール」を意識しつつ、頑張るのが一番ですね。

極論、稼ぐ為の「コツ」は、キーワードやジャンル選びしか無いんじゃ無いのか?と思う位で、今回は実際に最初からサイトを作るような気持ちで、説明させて頂きます。

 

ちょっとエグい話をしてしまうと、報酬単価数千〜数万円の為に、帰宅後、家族との時間、睡眠時間を削っている人は、数年後、スッカラカンの人生しか待っていません。下手したら離婚ものですぜ。

その為には、情報発信者OR経営者的な方向(外注化)へシフトして下さい(お願いしますホントに)

 

特化型ブログで収益化するコツを知る前に絶対に知って欲しい事

もちろん、毎日のように新規投稿したり、修正するのが一番ですが、あくまであなたのライフスタイルに合わせるのが一番です。

そもそも、私も色々な人と情報共有したり、教えて結果を出して頂いて思うんですが、「毎日投稿しないでも大丈夫なキーワード選定をしてよ!」「ほったらかしで稼げる方法にシフトしてよ!」「外注化すれば良いじゃん!」としか思いません。今はね。

 

ASP系広告のサイトアフィリエイトの場合、法人化して中規模位の組織でもしていない限り、1サイト100万単位と言うのは「維持」が難しくなって来ました。

ここで少し疑問を持って頂きたいのですが、法人化や組織化しているサイトの実際の維持費などです。

 

みんな、調子が良い事しか言いませんが、月100万稼ぐサイトを維持する為に専門のスタッフを雇い、外注さんにお金を払いとかしていき、月50万かかるとした場合、実際の利益は50万しかありませんし、新規サイトを作る為のお金にも流さないとお先真っ暗です。

それに、多くのアフィリエイターは、健康アップデート以降、100万円のサイト構築よりも、30万円のサイト3本以上とか、20万位のサイト量産とかも増えて来ていますし、最近はad運用を主軸にしている人も増えて来ている位です(ad運用は、Facebook、Google広告、グノシーとかに有料で広告を出す奴です)

 

特にASP系広告の場合、収益性が高いサイトを構築するのも大変だし、維持するのも大変だし…一生懸命に頑張ったとしても、アップデートで飛ばされるしなので、サイトアフィリエイトに情熱が無いと駄目ですね。

私的には、「サイトアフィリエイトはロマン」だと思っていますので、損得勘定とか抜きにして、Google検索エンジンチームと言う天才終段に大して、「果敢に挑む、そして負ける」を繰り返す物だと思って頂いても問題無いと思います。

 

そもそも、あなたは、「サイトアフィリエイト」では無く、「ブログでお金を稼ぐ」が目的ですよね?

だったら、「そこそこのレベルの人が誰でも書ける内容」でも勝ち進める事が出来るキーワード選定を行い、確実に勝てる方法で資金を貯め、サイトディレクションに進んで行った方が、幸せだと思いませんか?

 

外注化に関してもそうですが、「クレイジットカード」「保険」「○○求人」とか、ASP系広告でも通じるレベルの記事を書いてくれるライターさんって、ヤバイ程高いです。

そっから、仕上がって来た記事に共起語ツールとか内部リンク入れる人とか居たら、1記事にいくらかかるんだ?1サイト維持にいくらかかるんだ?の世界です。

 

ちなみに、雑記ブログ的なほんわかとした内容の記事をライターさんにお願いする場合、1文字1円とかそれ以下で、アドセンス向きの2000文字〜3000文字でも、1記事3000円以下。

ですが、プロライターとかに依頼すると、1文字1円はあり得ませんし、そもそも、3000文字では上がらなくなって来ていて、あの「WELQ」でも、8000文字以上、つまり、1記事に1万とか数万とかになるって事ですね。

 

つまり、「特化型ブログで稼ぐコツ」を知りたいあなたの最善手は、「Googleアドセンス」で決まりと言う事です。

映画や漫画の主人公にならなくて良いんです。自分が勝負出来る所で勝負すれば良いだけ。ASP系広告は、基礎が出来てからやれば良いんですよ。

 

その時向けの記事はこんな感じです。

 

アフィリエイト広告をアドセンスブログに貼って上手く行く方法【実証済】

 

特化型ブログで収益化するコツ

では、無駄で無謀な選択肢を削ぎ落とした所で、本題に移りましょう!

アドセンスで楽で確実に稼げる特化型ブログを構築したい場合、全ては、キーワードとジャンルにかかっています。

 

これは雑記でも同じ事ですが、そのキーワードにアドセンスで稼いでいる個人ブログが存在するキーワードが居る方が良いですね。

ジャンルによるのですが、「その情報を見た人間が、健康的に被害が出る可能性がある」「その情報を見た人間が、金銭的な被害が出る可能性がある」とかは、特に注意が必要で、「ASP系広告のサイトアフィリエイトの本気サイトで埋まっている」とかは論外です。

 

つまり、最初は、参考になるブログが存在しているのか?を探す事で、可能であれば、全てのブログをブックマークに入れたり、エクセル等で管理して欲しいんです。

1からキーワードを探すのも正解かも知れませんが、それ位なら、ライバルの「記事ランキング」「サイトマップ(過去記事)」を抑えていった方が楽で確実だからです。

 

当然、パクるのは最低ですし、それで上がる程Googleは馬鹿じゃ無いので、「軸キーワード」つまり、「RAV4 廃車 買取 名古屋」であれば、「RAV4 」か「RAV4  廃車」止まりで、あとは、ヤフー虫眼鏡に入れたり、goodkeywordに入れたりして調査すれば良いだけです。

キーワードを探す場合、ヤフー知恵袋、教えてgoo等の細分化されたカテゴリーのランキングや実際に需要が高い物のみを狙うのも正解です。

 

理由は、検索しても答えが見つからないから、わざわざ知恵袋で質問している可能性が高いからですね。

さっきのgoodkeywordを使う場合、必ず表示されているGoogleトレンドも確認する癖をつけて下さい。

 

理由は簡単で、アドセンスは、アクセス数=報酬ですので、少ないアクセスで報酬を得る訳では無いからです。

常に実際に検索需要ありきでキーワードを選ぶ癖をつけて、「タタター」っと言う感じでキーワード選定して行った方が良いです。

 

毎日とかするんじゃ無くて、1日じっくりやるとかの方が、作業効率はグンっと上がりますし、「パレートの法則」がありますので、うんうん唸りながらキーワード選定しても、上手く行くのは10個中2個位です。その2個が他を埋めてくれるイメージですね。

キーワードを選ぶ場合、「知恵袋などの質問サイトの各カテゴリーの閲覧数ランキングをチェックする」「実際の検索結果に表示されている個人アドセンスブログをチェックする」この流れだけで最初は大丈夫です。

 

次、キーワードと同じ位大切なのは、特化型ブログのジャンル選定です。

失敗する人程、「自分が書きたい記事」しか書かないのですが、アドセンスの場合、「平均クリック単価が高いジャンル」以外、狙う価値はありません。

 

例えばですが、平均クリック単価150円の保険に関連する内容の特化型ブログと、平均クリック単価20円以下のどこの馬の骨かも知れないような人の音楽日記調ブログでしたら、「ブログで収益化を図りたい」あなたであれば、どちらを実践するべきだと思いますか?

同じアクセス数であったとしても、前者と後者では、報酬の差は明確です。

 

ここで、Googleアドセンスの報酬単価は、何で決まるのか?について、簡単に説明させて頂きますね。

簡単に言うと、企業や個人が広告に支払えるお金の金額によります。オークション形式ですので、広告枠を取る為に少しでもお金を多く出せた人が表示される仕組みです。

 

一番想像しやすいのは、GoogleやYahoo!の検索結果に「広告」と上位表示されているリスティング広告ですね。

例えば、少しリアルな話だと、「口臭サプリ おすすめ」「酵素サプリ ランキング」とかって、上位表示される為には、幾ら位必要だと思いますか?その時によって変わりますが、下手したら1クリック300円以上とかです。「えっ?高っ!」と思うかも知れません。

 

でも、「クレジットカード マイル」「看護師 求人」とかになると、もっとエゲツなくなって来て、1000円以上も普通にあると言われています。

まぁ、個人では不可能なジャンルです。私が聞いている話でも、月300万円ad回して赤字の月もある。と言われている位。

 

で、話は戻り、アドセンスの広告枠に関しても、「企業が広告費をどれだけかけられるか?「競合が多いか?」が重要だと言う事は、なんと無くイメージ出来たと思います。つまり、特化型ブログを実践する場合、お金が沢山動くジャンルに関係があるジャンルしか選ぶべきでは無いと言う事ですね。

アドセンスに表示される広告の単価が高いジャンルの探し方ですが、一番簡単なのは、ASP系広告の報酬単価が全体的に高いジャンルを選ぶ事ですね。

 

単発とかだと、PRのように、その商品の認知度を上げる為にやっている可能性がありますので、そのジャンル全体の報酬単価が高いジャンルですね。

ASP系広告でアフィリエイターに高い報酬を出せると言う事は、アドセンスに表示される広告枠にも高い報酬を支払えると言う事ですので。

 

注意点としては、最初は毎月需要がある特化型ブログの方が、報酬の積み上げがしやすいので、毎月需要が見込めるジャンルとキーワードにして下さい。

例えばですが、英会話のスクールとかって、年始とか夏休みとかに需要が高く、アドセンス単価も高いのですが、毎月需要がありますので、狙う価値はあります。

 

ふるさと納税とか蟹通販とかって、季節になると爆発的に単価は上がりますが、毎月需要があるのか?は、無いですよね。

大切なコツをまとめると、アドセンス単価が高いジャンルしか最初はやらない事。実際の検索結果に個人のアドセンスブログが入っているキーワードを選ぶ事、キーワード選定事や記事投稿時、必ず、狙ったキーワードに表示されたブログを全て抑えておく事、そのライバルブログの記事ランキングとサイトマップの軸キーワードは、全て参考にする事です。

 

特化型ブログで収益化する為のキーワードなどの考え方

世の中には、本当に色々なアフィリエイターが居ますし、私も他のアフィリエイターも、方法には正解があって無い。と言うのが正直な所です。

ただ、最初の内は、自分で悩んだり捻り出すのでは無く、「実際に需要があるキーワード」を選ぶ癖をつけるようにして下さい。

 

もちろん、ASP系広告のように、「キーワードを俯瞰する」「キーワードをズラす」「競合に打ち勝つ」等も非常に重要な要素ですが、一番確実に報酬を重ねる事が出来、外注化もしやすいのは、「実際に需要があるキーワード」です。

あとは、季節性がそこまで高く無く、少なくても安定して需要があるキーワードで、アドセンス単価が高いジャンルです。ここまで読んで頂いた賢いあなたであれば、説明の必要はありませんよね?

 

具体的なネタ元ですが、重複でブログが逝っても嫌なので、サッと1記事にまとめています。

随時、色々な情報を足して行きますね。

 

ブログネタとキーワード探しで一生困る事が無いサイト集

 

各カテゴリーを見ていけば、まず、キーワードで困る事は無いでしょう。

もちろん、ライバルが少なく、ずっと需要が有るジャンルやキーワードを選ぶ事が大切で、基準では無いのですが、私の場合、

 

●軸キーワードの月間推定インプレッション数

●ライバルの本気度

●関連キーワードの多さ

 

等を調べる事が多いです。特に最近では、企業がコンテンツ・権威性を兼ねた強力なサイトを作っている場合が多くなりました。

それらが無いジャンルでないと、メンテナンス頻度が高くなりますし、それどころか、1記事8000文字以上、数千記事投下と言うWELQレベルの事をする必要が出て来てしまいます。

 

参入ジャンルに関しては、初心者の内は、「疑問・悩み・好奇心」「商品・物」が楽で、探すコツのおさらいですが、ASP系のサイトの有無は、絶対に調べて下さい。

もちろん、適当にバナーを貼っている程度であれば、ライバルとして考える必要はありません。

 

例えば、車に関する知識の特化型ブログを作る場合、やたらと車無料一括査定サイト進めるサイトが出て来るとは思いますが、バナーを貼ってるだけでは、まず、成約に結び付いてはいないでしょう。

つまり、「成約させる記事が書けない」と理解してしまう方がよく、キレイなサイトであったとしても、「デザイン重視で中身が無い」と考えるのが普通で、全員が全員では無いのですが、稼ぐサイトはシンプルです。

 

何事においてもそうですが、本質が理解出来ていない人程、表面的な所にこだわりますので、注意が必要です。

ただ、ASPとの兼ね合いで、バナーだけ貼ってあげている場合も有り、この場合、バナーで成約を取るのでは無く、指定キーワードで上位に入っていたり、固定費を貰っている可能性が高いです。

 

多分、数百万程度稼げるASPサイトを持てば、誰でも提案が来ると思います。

ちなみに、私も有ります。数通やりとりしたり、ASPのアカウントを持っていれば、普通にリストが送られて来ますし、アドセンスブログをやっていたら、レントラックスとかフェルマ、スマホ特化型のASPからメールが来る事も増えて来ると思います。

 

順位キープ出来ていたら、月40万とかもありますが、旨味は正直微妙。理由は分かると思いますが、順位を維持する労力と、自分で特別単価で売る労力、等のラインが微妙だからです。

興味が有る方は、特化型ブログを作り、ASP側から提案される迄、頑張ってみて、比較検討してみるのも有りです。話は戻り、基本的にガチンコ系ASPが居ない事が、放置気味でも稼ぐコツなのは、絶対に忘れないで下さいね。

 

特化型ブログで収益化出来た後、ASP系に移行する時の考え方

やるなら、疑問・悩み・好奇心か、商品・物が楽ですが、残念アフィリエイター思考だと、特化型ブログ作りが大変です。

残念アフィリエイター思考は、車種名+買取相場、看護師求人系のそのものズバリでやっちゃうような、「考えるのが面倒な人」です。

 

もし、アドセンスでやるのであれば、本気のライバルが居ない、「ゆるふわ系」の記事を量産するのが楽ですが、ASPでやりたい場合、買取相場とかやる人は致命的です。

理由は簡単で、検索ユーザー自体が、「今売る必要無いでしょ?」と言う状態だからです。自分の立場で考えると簡単ですが、今スグ車を売るのはどんな時ですか?

 

私であれば、税金前とか故障が目立つ時とか、事故った時、廃車にした時、相続した時、離婚した時、転勤する時、移住する時、家族が増えた時、子供が巣立った時、息子(娘)夫婦と同居する時、親が免許返上したり必要無くなった時、資金繰り悪化、病気、長期入院、東京等に引っ越し、事故に遭った等…

いくらでも有ると思いますが、やたらライバルが少ないのが寂しいですね。

 

だからこそ、あなたには、「訪問者」目線になって欲しいですし、「たった一歩頑張るだけ」で結果が大きく変わりますから。まぁ、でも、「実際にやってみないと分からない」と言うのが辛い所ですね。

あと、よく、「サイト構成はどうすれば良いのですか?」と言う質問を受ける事が有りますが、ライバルが居ないもしくは弱いジャンルですので、雑記ブログ調からはじめても良いと思います。

 

ただ、だらしない中途半端ブログは微妙で、車の修理に関する特化型ブログを作る場合、一番最初にするべき事は、アドセンスサイトなのか?車無料一括査定サイトなのか?車の保険一括見積もりなのか?カーパーツなのか?ショップ99サイトなのか?をしっかりと決める事です。

このページでは、修理する位なら売ろうと言うのに、このページでは自分で直そう???になります。そこら辺は、情弱向けの詐欺情報発信と同じですね。何かしらの軸が無いと信頼が下がる一方ですから。

 

アドセンスサイトであれば、事実を述べるだけです。車無料一括査定なら、そちらに興味が行くように、潜在層に働きかけ、不安を煽る必要が有ります。

車の修理の頻度が高い人は、運転が下手な人ですので、保証が充実しているのか?ぶつけるのが人ならどうするの?高すぎるんじゃ無いの?と言う話になりますよね。

 

もしかしたら、小さなお子様の爪傷かも知れません。その時、子供を残して事故ると?ちゃんとお金、残せますか?入院するとお金、どうするの?その保険で…パパ…嫌だ…と言う話も出来ます。

カーパーツであれば、素人が傷とかリペアキットでやると不細工だから、カーパーツのエアロとか貼っちゃえよ?と言う話。リペアキットならショップ99が、動画も有るし便利だからどう?と言う話。全部有ると「軸」がズレるので、私は軸コンセプトを決めます。

 

オススメは、アドセンスのみですが、ASP系広告をやりたい場合、「へぇ〜そうなんだ」で終わらす記事だと、いつまでも成約されません。

「やっべ!!今スグ申し込まな…」と不安で仕方無くなる記事構成が必要不可欠です。これ系の話をすると、「私にはそんなに人を不安にさせる事は出来ません」と言う方も居ますが、それならアドセンスが最適です。

 

成約させる文章は、練習と分析が必要ですので、興味が出たらトライと言う感じです。

アドセンスの場合でしたら、記事構成は、グッドキーワードで軸キーワード検索、表示された関連キーワードを小見出しに採用で十分です。関連キーワードが多く、グーグルトレンドの数値が高い物だけにして下さいね。最初の内は、3語のみ狙うのがコツですよ。

 

特化型ブログでコツを探す前にコレはどう?のまとめ

いかがでしたでしょうか?私は断然アドセンスで稼ぐ→情報発信か外注化と言う流れですが、一番分かりやすいのは、専業サイトアフィリエイターの失業率の高さです。

結局の所、ブログは、検索エンジンの媒体依存が強すぎますので、アルゴリズム変動で今までの努力が完全消滅とかが、「恒例行事」になりつつありますが、もし、あなたが、収益が上がったブログで、そこら辺のバカみたいに豪遊せずに、堅実に外注化して報酬を膨らませていたら?ブログの収益を実績にして、情報発信をしていたら?

 

前者であれば、ブログの指示をするだけですし、外注化の余力もありますし、あなたは作業自体していない状態。つまり、また、新規ブログを作ったり、他の事業にも着手出来ているかも知れません。

後者であれば、収益が減退していたとしても、情報発信の収益がありますので、あなたは、「今生きているブログ」を伸ばし、落ちたブログや上がったブログの傾向を調査し、みんなに広めるだけで価値提供が出来、正当な報酬も頂けるでしょう。

 

そもそも、アドセンスって、Googleのですし、度重なるアップデートやASP系サイトが狙い撃ちされているのって、「お前らが選んだ広告とか、本当に信憑性あるの?そこら辺は、オレら(Google)が、ちゃんとした広告を用意するからさ。お前らは、正しい真実だけを記事にして、正しい価値提供しろよな」と言ってる風にも聞こえます。

それか、「ちゃんと安定して上位に入りたいんだったら、Google広告でお金だした方が確実じゃ無い?」と言ってる風にも聞こえます。もし、この記事を読んでいるあなたが、私の知人であれば、「アドセンスって簡単に稼げるよね!あとは、外注化か情報発信で安定化だね!おめでとう!」って言ってると思います。最近と言うか、今後のブログは、そんな感じしかしません。私等の場合はね。

PS:アドセンス×自動収益化の仕組み構築を無料メール講座で公開中