ワードプレスで、

数十〜数日記事を投稿しても、

全然検索されないなんて経験、

ありませんか?

 

原因としては、

●強いキーワードで戦い過ぎ

●サイトが評価されていない

●そのジャンルに対して投稿数が少ない

と言う場合が多いです。

 

今からでも方向性を修正していけば、

良くなる場合も多いので、

是非参考にしてみて下さい。

 

そのワードプレスサイトでは、何年後も検索されない

初めからそのジャンルで

稼げる事が分かっている人は、

結果が出る迄継続出来ますが、

特に「自分が稼げるイメージ」が、

明確に出来ていない人は辛いですよね。

 

私も含め、

周囲のアフィリエイター仲間は、

新しいジャンルに参入する場合、

数週間〜数ヶ月位、

リサーチする事も有ります。

 

もちろん、

他の作業や業務と平行しているから、

これ位の時間は経過してしまいますが、

専業でもこれ位やるのが普通だと言う事は、

頭の片隅にも置いて欲しいです。

 

あとは、

精神的・金銭的な余裕が無い場合、

少しだけシンドイと思います。

 

ですので、

まずは一番敷居の低い、

グーグルアドセンスで基盤を作ってから、

挑戦してみる事を強くオススメします。

 

グーグルアドセンスで、

初心者の方でもバリバリ

結果を出して頂いた方法は、

当サイトにも有りますので、

色々と参考にしてみて下さい。

 

例えば>>ブログで稼ぐ方法!

初心者が結果を出せる一番簡単な方法

とかですね。

 

話は戻り、

私が、外部リンク無しに

新規ジャンルに参入する場合、

●専門用語

●質問サイトを参考

●3語キーワードのみ

で構成された記事投稿から始めます。

 

理由は、

ライバルが少ないと言う事も有りますが、

そのジャンルの知識をインプット・

アウトプットに丁度良いからです。

 

私は、そのジャンルに参入する場合、

普遍的なジャンルであれば、

中古の本屋さん等で数冊以上購入したり、

図書館で本を参考にしたりします。

 

あんまり大きな声では言えませんが、

殆どのアフィリエイターは、

既に上位表示されたサイト、

似た情報サイトからしか情報収集しませんので、

どのサイトも似たり寄ったりです。

 

正直、

中古の本屋さんで5冊以上購入しても、

数千円程度しかかかりませんので、

1案件成約すれば回収出来てしまいます。

 

他のライバルを

突き放せるコンテンツ作成も

余裕で可能ですので、

慣れて来たら挑戦してみて下さい。

 

基本的に専門用語系は、

全てグッドキーワードにかけて、

検索需要が有れば記事投稿し、

無ければ他の記事に混ぜる位です。

>>https://goodkeyword.net/

 

 

専門用語の投稿は

無駄に見えるかも知れませんが、

わざわざ検索している人ですので、

適切な案件を紹介出来れば、

成約する事も普通に有ります。

 

次は質問サイトを参考にするのですが、

需要ありきで考えて行きます。

 

普段から検索する機会が多い方なら

経験が有ると思いますが、

ワードプレス系のサイトが少なく、

質問サイトやニュースサイトが

上位の検索結果はありませんか?

 

簡単に言うと、

検索結果に明確な答えが無いから、

わざわざ質問サイトを利用している。

と言う事です。

 

特に意図が明確な質問であればある程、

その傾向が強いと思います。

 

ですので、

私達では見つけられないような

キーワードを探す意味でも、

質問サイトは利用した方が良いですね。

 

質問サイトなら、

●Ritlweb

https://faq.ritlweb.com/

●ヤフー知恵袋

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

●OKWAVE

https://okwave.jp/

●楽天みんなで解決

https://qanda.rakuten.co.jp/

●Sooda!

https://sooda.jp/

●発言小町

http://komachi.yomiuri.co.jp/

●ビッグローブなんでも相談室

https://soudan.biglobe.ne.jp/

●教えてグー

https://oshiete.goo.ne.jp/

●人力検索はてな

http://q.hatena.ne.jp/

●nifty教えて広場

https://oshiete1.nifty.com/

 

基本的に使い方は、

グーグルアドセンスであれば、

需要の多いキーワードの調査と言う感じで、

多くの人の興味関心・不安を探します。

 

楽天・アマゾン・ASP系広告であれば、

その案件や商品のジャンルを検索したりします。

 

例えば、

アマゾンや楽天とかであれば、

冷蔵庫とか加湿器とかを検索します。

 

一人暮らし向けの女性向けの冷蔵庫とか、

故障しにくい冷蔵庫とかですね。

 

加湿器であれば、

赤ちゃん向けの加湿器、

冬の乾燥に良い加湿器等ですね。

 

案件であれば、

浮気調査の探偵依頼の案件であれば、

夫が自分に隠れてラインをしている。

夫の明細から出会い系の請求が来ている。

等、いくらでも出てきます。

 

殆どは曖昧なキーワードになりがちですが、

上手くグッドキーワード等に入れたり、

自分なりに、「この悩みって、こう言う事?」

と言う感じで少し変えてみて下さい。

 

最後の3語キーワードの楽さは、

記事にする時に

意図が明確なので書きやすい事、

需要の割に競合が緩めな事が有ります。

 

長期的なサイト運営を目指すのであれば、

数記事が収入の柱になるのは危険な状態で、

そこそこ上位表示のコツを

把握している状態で無いと難しいです。

 

それなりに

成約出来るようになれば分かるのですが、

成約するキーワードは、

 

●誰でも思いつくキーワード

●上手く言葉に出来ていないキーワード

 

と言う場合が多いです。

誰でも思いつくキーワードと言うのは、

 

ランドクルーザー買取

大正区引っ越し

 

とかの費用対効果が低いキーワードでは無く、

10年 車検 毎年

マンション 子供の騒音 訴訟

みたいな感じです。

 

上手く言葉に出来ていないキーワードは、

ぶつけて走れないプリウスどうすれば良い

夜逃げ出来る引っ越し会社どこですか

みたいな感じです。

 

どれも、

ニュアンスだけ掴んで頂ければ大丈夫です。

 

新規で作成したワードプレスサイトが、

検索エンジンに評価される為には、

ライバルと競い合うと言う考えは一旦捨て、

ライバルが少ない所で上位表示される事、

を意識した方が良いと思います。

 

あとはワードプレスサイトの

規模感に関してですが、

ジャンル等によって変わります。

 

ただ、私達の場合、

3000文字以上100記事投稿を

1つの目安にしています。

 

100記事を超えて来たら、

アクセス数が多い記事を見て、

実際の検索結果を

「シークレットウィンドウ」

で確認。

 

上位表示されているサイトとの

「差」を探し出して埋めます。

 

100記事更新後は、

週1更新等に落とし、

他の切り口で探したり、

色々なキーワードで上位表示されている

サイトを分析したりします。

 

ただ、綿密にリサーチしたのであれば、

この案件は駄目だから次に行こうよりも、

切り口や軸キーワードを変えて、

同じワードプレスサイトに

投稿した方が良い場合も多いです。

 

続けるか辞めるかの判断は、

かなり稼いでいるアフィリエイターでも、

難しい所だと思いますので、

あなたの判断にお願いしてしまいます。

 

ただ、

「何が言いたいのか分からない」

と言うのだけは絶対に駄目で、

最初に決めたコンセプトを通すのが、

成約する為には必要です。

 

当然ながら、何をやっても

全然上手く行かないサイトも有りますし、

何でこんなキーワードで成約するんだ?

と言う場合も有ります。

 

ワードプレスであれば、

大まかな流れに慣れれば、

複数展開も簡単ですしね。

 

最悪の場合、

やり直せば良いだけの話です。

 

私の場合も、

過去にASP系サイトで、

その案件や需要が終了した時、

全然違う特化型アドセンスに変えた

と言う事も普通に有ります。