アドセンスが稼げない理由は、

殆どの場合、簡単に改善する事が出来ます。

 

もちろん、

正しい手法を実践している事が前提ですが、

多くの人が共通している修正点や

改善点が有ったります。

 

それと、古い情報や全体から見ると

希少過ぎるなケースを信じたり、

ある程度グーグルアドセンスや

サイトアフィリエイトを実践した人なら

明らかに嘘っぽい情報に振り回される人も居ます。

 

今は辛いとは思いますが、

ある程度、経験を積むと、

自分の形や手法が出来て来ますので、

自分なりに稼げない理由が分かって来ます。

 

それに、何よりも楽しいです。

 

最初の内は特にそうですが、

孤独に実践されていたり、

定期的にコンテンツを売る人の情報を

浴びている状態のままだと、

不安で仕方無いとは思います。

 

当記事では、

アドセンスのみでも200万以上報酬が発生し、

色々な環境や経験の方に対して教えて来て、

コレをやったら良くなったと言う方法について

説明させて頂きますね。

 

 

実際に教えて来た人の中で、

一番多い質問は、

圧倒的に記事に関してです。

 

質であったり、

量であったりと様々ですが、

それぞれ基本や最近の傾向が有りますので、

説明させて頂きます。

 

アドセンスで稼げない時に知って欲しい質とジャンルに関して

まず、質に関しては、

ジャンルによりけりですが、

最初の内は、

生命やお金に関連しないジャンル

だけを選ぶ事が有効的です。

 

他には、

社会的に認知される資格が

存在しないジャンルですね。

 

これらのジャンルは、

自分が検索エンジン側に立って考えると、

素人や適当な情報を垂れ流す人には、

真っ先に消えて欲しいジャンルです。

 

当たり前ですよね。

以前、健康アップデートと呼ばれる

大規模な日本独自の検索エンジンの変更が有り、

健康医療系の検索結果が変わりました。

 

どんなに真っ当な情報を発信していたとしても、

目先の報酬欲しさに

適当な事を発信する人が殆どですから、

全ての人に対して厳しくするしか有りません。

 

当然、私の一部サイトも駄目になりましたし、

周囲の方のサイトも被害を受けました。

 

話は逸れますが、

「検索エンジン側に立って考える」

と言う事は非常に重要で、

グーグルアドセンスで稼ぐ為には

グーグル目線×ユーザー目線を満たし、

更にオリジナリティが要求されます。

 

「質」はジャンルにますが、

最初の内は、ブログ管理人のキャラクターや

ターゲット層を細かく設定した方が良いです。

 

あと、

キャラクターの素直な考え等を足した方が、

星の数程存在する運営者が見えないサイトよりは、

優位に立てる事の方が多いです。

 

細かく設定キャラクターと

ターゲット層が有りますので、

記事がブレなく無理も無いので続けやすい

と言うのも有ります。

 

より質を上げるのであれば、

最初から共起語を意識すると有効ですが、

素直に検索結果で上位に出ているサイトの

傾向を確認した方が良いと思います。

 

もちろん、パクリ厳禁ですが、

パクって上がる程甘く有りません。

 

検索ユーザーが欲しいのは、

「あなたが発信している情報」ですので、

自分がメデイアであると考えた方が、

分かりやすいと思いますし、

責任感も生まれると思います。

 

全てのジャンルでは有りませんが、

 

●質問・疑問・悩み・不安に対する

管理人から訪問者への共感

 

●一般的な答え・解決法

 

●サイト管理人のおすすめの答えや解決法

 

●その答えや解決法の根拠

 

●サイト管理人の経験談や感想

 

等で構成する癖をつければ、

誰が書いても欲しい情報が提供出来る場合が

多いです。

 

このルールを意識すると、

質で悩む必要は有りません。

 

他には、

自分が良いと思った記事を定期的に見て、

何故良いと思ったのかを分析すると

良いと思います。

 

ここで注意が必要なのですが、

記事の質には答えは有りません。

 

実際に検索する時、

必要な情報が得られるのであれば、

少し文章構成が変でも、

気にしませんよね?

普通はそこまで気にしません。

 

質を追い求めて記事更新が出来ないと

意味が有りませんので、

8割位の出来でも投稿し、

アクセスが増えて来たら

修正すると良いと思います。

 

ただ、

芸能トレンド系・新しく生まれたキーワード、

PPC・YDN系の記事、

競合が多いASP系の記事とは、

全く違いますので、注意して下さいね。

 

アドセンスで稼げない時に知って欲しい量について

量と言っても、

文字数と記事数が有りますが、

ジャンルやキーワードによって

違います。

 

実際に私も、

1000文字程度で構成されての物から

10000文字以上で構成されている物まで

有ります。

 

答えを見つけるのに一番確実なのは、

そのキーワードの検索結果です。

 

基本的には、

検索結果の上位10の内、

一番情報量が多い事を

意識した方が確実です。

 

ちなみに、

新しいキーワードなら1000文字程度ですが、

私が教えている人には2000〜3000文字から

様子見するようにお願いしています。

 

私が実践する場合も、

3000文字位から様子見しています。

 

次は記事数に関してですが、

グーグルアドセンスの場合、

200〜300記事位から

数千から数万単位の報酬が出る方が

多いです。

 

ですので、

まずは報酬を考えずに、

記事数を増やしてから考えた方が

良いと思います。

 

100記事位かそれ以下の記事数で

報酬を上げる場合、

グーグルアドセンスなら、

ジャンル特化サイトだけです。

 

ASP系のサイトでも、少ない記事数で

報酬を上げるサイトも有りますが、

現時点で考える必要は有りません。

 

アドセンスが稼げない時に知って欲しい選定方法

もし、全く何をすれば良いのか分からない場合、

3ヶ月後に多くの需要が存在するキーワードから

狙って下さい。

トレンドは除きます。

 

もちろん、サイト自体が弱いと思いますので、

1語では無く、2語以上のキーワードです。

 

次に、

記事の強さやライバルを知る必要が有りますので、

検索結果1位〜10位は必ずチェックして下さい。

 

もし、ライバルサイトに

月別の記事投稿が表示されていたり、

記事ランキングがあれば、

選定しているキーワードやジャンル等を

参考にするのも有効です。

 

当たり前ですが、

記事の質や文字数には答えは有りません。

 

ライバルチェックや記事内容で迷ってばかりで、

記事を投稿出来ないのは本末転倒です。

 

まずは、

1記事でも多く投稿する事だけを意識して、

様々な情報を遮断した方が良いと思います。

 

芸能トレンドを実践されている場合は、

高確率でペナルティーを受けない方法を実践し、

新語なら1000文字で十分に行けますので、

記事数よりはアクセスの爆発だけを

意識して下さい。

 

色々な方に教えて来て痛感するのは、

1つの事を継続する事がどれだけ難しいかです。

 

私の教えた方の中にも、

途中で変な方法を実践したり、

他の方法と混ぜたりと様々ですが、

結果を出すのは1つの事を継続出来た人です。

 

私が教える時、

ジャンル等を含め、

その人に一番適した方法を

実践して頂いています。

 

中には、興味の無いジャンルを

ひたすら実践させられ、

最後には「マインドが駄目だ!」と

突き放された方も居ましたが、

最後には普通に稼いでいました。

 

もし、記事作成が嫌とかでは無く、

継続するのが難しいジャンルを実践している場合、

ジャンル変更ならしても良いと思います。

 

とりあえず、0〜1が一番大変で、

自分の方法が合っているのか不安だと思いますが、

実践している方法が正しいのであれば、

必ず結果はついて来ます。

 

ですので、

何かしら自分なりに楽しみを見つけ、

フラフラと他の方法に目移りしたり、

無意味に自分を責めたりせずに、

楽しみながら継続してみて下さいね。