アドセンスだけじゃ無く、

楽天・アマゾン等のクッキー系、

ASP系等で大きく稼いでいる人に

共通して言える事は、

「そこまでしてるんだ」ですね。

 

私も、

教えていた人に、

改善点や修正点等を教えていると、

「そこまでするんですね」

と言う意見も多いです。

 

確かに、全然稼げない内は、

下にまとめる内容を実践するよりは、

記事自体を優先した方が良いのですが、

軽く数百記事を超えているのに関わらず、

稼げないのであれば、参考にしてみて下さい。

 

現在、誰かしらから購入した

正しいアドセンスの手法を実践している方は、

その内容を定期的に読み返し、

本当に正しく実践出来ているのか?

を確認してみて下さいね。

 

私自身、

200万円程度であれば、

アドセンスで報酬発生していますし、

私が教えた人も普通に稼いでいる状態です。

 

 

多分、アドセンスで稼げない

と言うキーワードを検索すると言う事は、

サイトが普通に作成出来ている筈ですので、

私が教えた方の大多数よりも、

確実にスキルが上です。

 

アドセンスで全然稼げない人に確認して頂きたい事

まず、

どんなジャンルを

実践されていますか?

 

もちろん、

数ヶ月以上の継続、

記事数は数百単位は、

欲しい所です。

 

100記事前後であれば、

ジャンルやキーワードが同じような事、

色々な内容が混じっているのであれば、

100記事以上は必ず必要になります。

 

他には、

新規ドメインを取得されている場合、

意図的にアクセスの爆発を

起こしていないのであれば、

サイトが評価されるまでに時間がかかります。

 

新規ドメインの場合、

普通のキーワード選定であれば、

3ヶ月以上は経過している状態で、

継続して記事が投稿されている方が優位です。

 

全然稼げない場合、まずは、

狙ったキーワードの検索結果を

確認してみて下さい。

 

検索結果1位〜5位程度でも構いませんので、

文字数・盛り込まれている単語数

等の情報量を確認してみて下さい。

 

基本的にですが、

一番情報量が多いサイトが好まれる傾向が有り、

更にオリジナリティを加えた方が良いです。

 

ただ単に情報を流しているだけの

アドセンスサイトも多いと思いますが、

オリジナリティを加えた方が良い場合が多いです。

 

何かのキーワードを検索した時、

経験談や体験談、持論等が一切無く、

情報だけを書いているサイトが大半です。

 

あなた、

もしくはサイトのキャラクターの意見や考え、

アドバイスが有った方が、

ぐっと親近感が出ますよね?

 

ですので、もし、

どこにでも有るようなサイトを

作られているのでしたら、

 

●キーワードへの共感

●一般的な答え

●あなたもしくはサイトのキャラクターの意見

 

で構成して行けば、

オリジナリティーはしっかり出て来ます。

 

検索エンジン側の立場で考えると、

どこにでも有るようなサイト、

オリジナリティの有るサイト、

両方共の情報が正確であれば、

どちらがユーザーに有益ですか?

 

と言う事になります。

 

私が教えて来た方の中にも、

頑張っても全然稼げない人が居ますが、

記事が固く、

どこにでも有るサイトに

埋もれてしまっている場合も有ります。

 

記事の上手い下手は、

正直アドセンスやASP系のサイトには、

あまり関係が有りません。

 

記事はいつでも修正出来ますしね。

それに、定期的な記事修正は、

今後非常に重要になって来ます。

 

ある程度記事数と

アクセスが来た頃でも構いませんが、

自分が狙ったキーワードで、

どのサイトが上に来ているのか?

は定期的に確認した方が良いです。

 

その内、

「このキーワードなら、

これ位の記事で行ける」

と言うのが分かるようになります。

 

全然稼げない内は、

狙った検索結果の内、

1位〜5位のサイトを参考にし、

一番情報が正確で情報量が多い記事を

意識してみて下さい。

 

もし、企業サイト、超大型サイトばかりで

検索結果が埋め尽くされているのであれば、

キーワード選定に問題が有ります。

 

基本的に

「A ◯◯」「A ◯◯ ◯◯」のように、

2語〜3語で構成されたキーワードから始めます。

 

ですが、

企業サイトや超大型サイトばかりであれば、

最初の「A」を

キーワードアドバイスツール等に入れ直したり、

類義語で記事作成するのも一つの方法です。

 

もちろん、

考え方にもよりますが、

いくらライバルが少ないからと言って、

検索数が少ないキーワードは、

避けた方が良いと思います。

 

キーワード選定中、

色々なキーワードで上位に入っているのが、

実際にアドセンスで稼いでいるサイトです。

 

これは、

アドセンス限定の場合が多く、

ASP系のサイトアフィリの場合、

上位に入っているからと言って、

稼いでいると言う訳では有りません。

(商標・商品名キーワードサイト除く)

 

この色々なキーワードで

上位に出ているサイトは、

ブックマーク等をする事をおすすめします。

 

で、

記事の濃度や記事数、

取扱いジャンル等を確認してみて下さい。

 

アドセンスサイトの場合、

様々なキーワードで、

常に上位に居るにも関わらず、

新規記事が投稿されていないサイトは、

定期的に記事メンテだけで稼いでいる

可能性が高いです。

 

資産サイトとして、

完成している場合が多く、

殆どの方が目指しているゴールに

近いサイトです。

 

また、

人気記事や月毎の記事投稿が有れば、

チェックしておいた方が良いです。

 

特にアドセンス系のサイトの場合、

狙ったキーワードを3ヶ月位前に仕込むのが

一般的です。

 

ここで注意が必要な事は、

サイトをパクれと言う事では有りません。

 

実際に稼いでいるサイトを

マークする事は大切ですが、

記事内容をパクって稼げる程、

今のアドセンスは甘く有りません。

 

それどころか、

訴訟を起こされたケースも有ります。

 

実際に私の周りのアフィリエイターの方は、

パクったサイトに対し、

弁護士を立てて訴訟を起こした方も居ます。

 

最初の内は、

報酬で一喜一憂するのは微妙ですが、

アクセスが出て来たら、

アクセスが出て来た検索結果を確認した方が

良いです。

 

上位のサイトと比較して、

自分のサイトに足りない物は足したり、

共起語等を参考にして一番上を目指すのも

一つです。

 

ただ、共起語を意識する事は意外と難しく、

途中で入れると検索結果が落ちる場合も有ります。

 

自己責任ですが、

アドセンスであれば必要無いかも知れません。

 

ちなみに、

私がASP系アフィリエイトをする場合、

最初から共起語を意識する事が殆どですが、

アドセンスの場合は、

そこまでしない場合が多いです。

 

全然稼げない人は、稼いでいるサイトとの違いを確認

キーワードをチェックし、

ライバルと言うか、

現時点で目標とするサイトをマークしたら、

自分の全然稼げないサイトとは、

何が違うのかを確認するようにして下さい。

 

殆どの方は、

サイト運営期間を気にしてしまいがちですが、

ライテイングやスキル全般を含め、

最初はゼロの状態だったと言う事は、

忘れないようにして下さいね。

 

あと、

芸能トレンド系を除き、

一般的なアドセンスの場合、

何ヶ月で稼、何記事で稼ぐ、

何文字で稼ぐと言う考えは捨てて下さい。

 

サイトに費やせる時間、

集中力、能力等は人それぞれです。

 

他人と比較したい気持ちは分かりますし、

アドセンスで全然稼げない内は、

自分を責めたりしてしまいがちです。

 

全然稼げない時を経験するからこそ、

稼げた時嬉しく、逆境に強くなります。

 

全然稼げない時は、

自分がアドセンスを始めようと決意した時、

実際に実践した時の意気込み等を

思い出してあげて下さい。

 

それを乗り越えずに、

適当に逃げてしまったら、

それまでの努力や気持ちを

裏切る事になってしまうからです。

 

頑張っている人に対して、

頑張ってとは言いません。

 

全力疾走している時ほど、

客観的に自分を見る事が出来ません。

 

もっと、

リラックスして「継続」だけを意識して、

ライフワークに組み込んでみて下さい。

 

正しい方法を実践している事が前提ですが、

結果は後から付いて来ます。

 

報酬が出て来てから全力疾走もアリで、

私が教えて来た人の中には、

全然稼げない時に挫折しましたが、

放置中にアクセスが増えて来たので

やる気が出たと言う方も居ます。