「♯ブログ書け」は、

ハラスメント行為に近い?

あなたが良かれと思った事が、

人間関係の大きな亀裂に繋がる事も…

 

確かに、最初の内は、

毎日数記事投稿した方が、

検索エンジンにも評価されますし、

「記事投稿に慣れる」のも早いです。

 

ドメイン自体が評価され、

ブログ自体が資産化出来るようになると、

月1回更新や

新規投稿無しの記事修正のみでも、

報酬が発生するようにはなります。

 

ただ、最近だと、

記事投稿やPV自慢が目立ってしまい、

世間一般の検索ユーザーが、

私達アフィリエイターやブロガーに対して、

求めている事が忘れ去れてしまっている

気がします。

 

そもそも、私も含め、

稼いでいるアフィリエイターが、

毎日記事投稿する事を

話題の中心にする事は有りません。

 

現実的な話、

アドセンスにお金を支払っている企業、

ASPの担当、ASPと提携している企業、

楽天やアマゾン等にとって、

記事投稿数や画像、サイトレイアウトは、

常識の範囲内であれば何でも良い訳です。

 

求めている事は、

自分達の商品やサービスを

正しい形で紹介し、

売上げやPRに貢献していてくれるのか?

だけです。

 

つまり、量では無く、

自分の出来る範囲で質を求めて行きませんか?

と言う話が当記事で、

知って頂きたい事です。

 

そのブログ、本当にやりたかった事ですか?

実際に私が教えていた時であれば、

「アドセンスで稼ぎたい人」

「アフィリエイトで0→1を達成したい人」

 

と面談で話し合い、

お互いに合意した上で

ゴールを決めている訳ですから、

「とりあえず、

自分を信じて書き続けて下さい」

=「♯ブログ書け」

でも許されるとは思います。

 

その人達であれば、

「稼ぐ方法を教えて下さい!

私は素直にその方法を実践します!」

 

「分かりました!

私は出来る限りのサポートをしますので、

些細な事でも構いませんので、

何でも相談して下さいね!」

と言う関係ですからね。

 

ただ、趣味やライフワークの延長線上で

実践している人に対して、

「稼ぐ為にはうんぬんかんぬん」

「ワイみたいに毎日記事書けや!」

と言うのは、少し違うような…

 

そんな人に限って、

マーケティングやコンサルを

語っちゃう訳ですから、

「ユーザーの意図が見えていない」

=「本当は、稼ぐスキルが無い」

と見る人が見ればバレる訳です。

 

もし、あなたが、

「♯ブログ書け」を見て負担を感じるのなら、

一歩下がって自分を考えるか、

ブログの集客用に割り切った方が良いです。

 

私が教えていた方の殆どもそうですが、

仕事終わりであったり、

育児の合間であったりと、

本当に限られた時間の中でしか

作業が出来ない状態です。

 

そんな制約の多い環境で、

記事投稿にばかり意識が行き、

記事のクオリティーが落ちてしまった場合、

希望する報酬が遠くなる事は、

なんとなく理解出来ると思います。

 

「数撃ちゃ当たる」戦法は、

本当に膨大な数が必要で、

あんまり長期で稼げないです。

 

他の駄記事が、

ブログ評価の足を引っ張るので…

 

今、ブログを継続する事が、苦痛になっていませんか?

私が教えた方にも伝えたのですが、

モチベーションに繋がらないのであれば、

他人と比較しても時間の無駄です。

 

理想的な比較は、

「◯◯さんは、

こんなにクオリティーの高い記事を、

毎日数記事投稿しているので、

私も◯◯さんを目指して頑張ります!」

と言う感じです。

 

逆に駄目な比較は、

「◯◯さんは、

既に数万稼いでいるのに、

私は全然駄目ですよね」

 

「◯◯さんは、

毎日記事更新しているのに…」

 

と言う感じで、

自分の駄目な部分のあら捜しを

してしまう事です。

 

もし、

◯ヶ月後に◯万円稼ぐ!

と決めた訳では無いのであれば、

嫌にならない程度にマイペースにするのも

全然有りだとは思います。

 

そもそも、

そこそこ生活の足しにしたいと考えている方と、

ガンガン稼いで独立したいと考えている方は、

戦っている土俵が違い過ぎますからね。

 

軽く新陳代謝と上げて運動したい女性と、

ムキムキになりたい男性では、

プログラム等が全然違います。

 

そんな明確な違いが有る事なのに、

何故かTwitter上では、

ムキムキになりたいガリガリ君か

おデブちゃんが、ムキムキのフリをして、

軽く運動したい女性にマウントを取ります。

 

明らかにズレてるし、

変だとは思いませんか?

 

まぁ、Twitter上にしか、

自分が心地良いと感じる居場所が

無いからだと思ったが…

 

それに、結局どれだけ頑張っても、

普通のキーワード選定だと、

報酬が安定する迄に

数ヶ月以上必要ですからね。

 

意図的にアクセスの爆発を起こし、

早めにサイト評価を上げて稼ぐ事も出来ますが、

普通にやると、

結果が出る前にモチベーションが落ちます。

 

私の場合だったら、

生活が困難な程の労働条件、将来性が無く、

人間的にもアレな人に囲まれていましたので、

「やるしか無かった」

と言うのが大きかったと思います。

 

ブログが書けない理由

どうしても、頑張りたいのに、

何故かブログが書けない…

 

と相談される方も多いのですが、

休憩する時、

スマホやテレビ等の画面を観るのは、

休憩にならないので辞めて下さい。

 

基本的に逆の事をしないと、

休憩にはなりません。

 

過去に、半日〜1日作業しているのに、

殆ど記事更新が出来ない人が居ましたが、

作業中にユーチューブや

関係無いホームページを観たり、

スマホをイジったりしていたみたいです。

 

まず、休憩は小まめに取り、

身体を疲れさせない工夫は必要です。

 

どんなトップアフィリエイターも、

毎日継続して1日中集中している人は、

少ないです。

 

●サイトが飛んだ

●報酬が激減した

●やりたいジャンルを見つけた

●周囲のやる気オーラに感化された

 

と言う起爆剤が無ければ、

好きだからついついやっちゃう。

と言う感じです。

 

実際に私も、

長くパソコンやノートパソコンから

数メートル以上、

離れて生活した事が有りません。

 

「やりたいからやる」

と言う感じですので、

何も苦にはなりません。

 

あなたも、

最初の内はマイペースで構いませんので、

「ブログを続ける事」だけを

意識してみて下さい。

 

正直、

稼いでいるアフィリエイターは、

目的も無くTwitterとかしませんからね。

 

目的と言うのは、

コンサル、コンテンツ販売等です。

 

私の周りには、

プライベート気味のアカウントは一切所有せず、

月数百万以上稼いでいる人が、

ゴロゴロ居ますからね。

 

最後になりましたが、

折れそうになった時は、

少し休むのも一つだと思います。

 

真面目な方でしたら、

1記事投稿した後、

少しだけ記事をためるように時間を取り、

どこか1日〜2日予約投稿するのも一つです。

 

毎日1記事3000字投稿

+500〜1000文字下書き投稿し、

どこかで2記事完成させ、

1記事は予約投稿にしてしまう。

 

ブログ上は、

毎日投稿しているが、

実は週2日は完全にオフモード。

 

メリハリの有る生活が、

出来ると言う感じです。

 

ちなみに、

私はそれが出来ません(笑)

 

多分、

アフィリエイトは合っていますので、

予約投稿しても違うアフィリエイトを

しますからね。

 

アフィリエイターにはあるあるネタですが、

仕事は仕事と割り切っている方からすれば、

かなり拷問のような日々かも知れませんね。

 

もちろん、

お金も増えますので、

私は幸せですが♪

 

当然ですが、

私も最初からそうでは有りませんでした。

 

特に広告審査落ち、

アルゴリズム変更で特定ジャンル狙い撃ち、

等を受けた時は、

全て無駄な気がしてしまい、

本当に嫌でした。

 

ですが、

今までの努力や乗り越えて来た事、

我慢して来た事を考えると、

「ここまで来て引き下がれるか」

と思い、今また巻き返しました。

 

失敗は誰でも有る事ですので、

あなたもマイペースに、

自分らしく生きて下さいね。