グーグルアドセンスに限らず、

楽天・アマゾン等のクッキー系、

ASP系、PPC、YDN等の

「アフィリエイト」を実践すると、

必ず収益が減ったと言う経験をします。

 

特にアフィリエイトは、

誰でも簡単に始める事が出来ますし、

情報発信している方で、

「失敗談」を語る人は殆ど居ません。

 

不安になるのは仕方有りません。

 

例えば、

実店舗を始めようとした場合、

本当に様々なトラブルに見舞われる事が多く、

それを乗り越えた人だけが残ります。

 

よく、テレビ等で、

今は凄い経営者の方も、

昔は本当に色々な事が有ったけれど、

乗り越えたから今が有ると

言っていますよね。

 

これと同じで、

アドセンスで報酬が上下してしまう事は、

普通に起こる事です。

 

逆にここで諦める人が多いのですが、

それを乗り越える事が出来れば、

「稼げる側」に行けると言う事は、

絶対に忘れないで下さいね。

 

まだ、報酬が減った位なら、

全然良い方なんですよ。

 

健康アップデートや順位変動で

サイトが突然圏外になったり、

PPCやYDNで搭載停止、アカウント停止、

広告主の撤退や報酬額減なんて事も有ります。

 

私も色々と経験していますし、

実際に私が教えて来た方の中にも、

せっかく増えたアドセンス収益が一気に減り、

「助けて下さい」「何もする気がしなくて」

と相談を受けた事も有ります。

 

余程の事が無い限り、

改善する方法が有りますし、

長期的に稼ぎ続けるには

必要な考え方や行動が有りますので、

少しでも参考にして頂けると幸いです。

 

アドセンスの収益が減った時にやるべき事

芸能トレンド系であれば、

アクセスが爆発する記事を探したり、

狙い続ける必要が有ります。

 

ですが、芸能トレンドでも、

中〜長期で稼ぐ内容の場合は、

参考になると思います。

 

アドセンスの収益が減ったと言う事は、

アクセス数が減ったと言う事ですので、

色々と確認するポイントが有ります。

 

1つ目は、

稼ぎの柱になっている記事が有る筈ですので、

それを確認する事から始めた方が多いです。

 

もちろん、

アルゴリズム変動等で、

サイト全体のアクセス数が減る

と言う事も有ります。

 

この場合、

「いつか戻ればラッキー」程度が良く、

前向きに新規記事作成した方が良いです。

 

グーグルアドセンスは、

●数百記事の内、数十記事が大きく稼ぐ場合

●派手さは無いが、記事の大半が

稼いでくれている場合

が多いと思います。

 

ですので、

まずはアクセスが多い記事の順位を確認し、

順位が落ちたのであれば、

上位の記事と自分の記事を比較し、

不足分を補ってあげる事が必要です。

 

もし、特に修正する必要が無い場合は、

「共起語」を意識するのも有効的です。

 

また、

他の記事がサイトの価値を下げてしまっている

可能性も有ります。

 

この場合の注意点は、

他の記事は上に上がっているのに、

特定の記事が表示されていない場合が、

有ると思います。

 

私が教えていた方に多いのは、

初期の頃に書いた記事や、

本人があまり興味の無いネタ

が多いです。

 

●文字数や内容が、

上位表示されている記事よりも上か?

 

●最低3000文字以上あるか?

 

●記事が「〜です」

「〜ですね」だけのように、

淡々と事実を述べるだけになっていないか?

 

●古い記事を修正せずに

放置し過ぎてしまっていないか?

 

等を意識し、

必要があれば修正した方が良いです。

 

特にアドセンスサイトを実践していると、

ある日突然、アクセスが爆発的に増えた

と言う経験が有ると思います。

 

この場合、

良質な記事を継続して投稿した事によって、

サイトが評価された可能性が高いのですが、

逆に品質が低い記事が

サイトの価値を下げてしまう場合が有ります。

 

特に、運営時期が長いサイト、

複数運営されている方程忘れてしまいがちです。

古い記事は適度に修正して強化し、

文字数が少ない記事は、

ドメインパワー底上げに使うと良いと思います。

 

ちなみに、

ドメインパワーの底上げは、

内部リンクが人気ですが、

ある程度のアクセスが有る記事から

内部リンクを送るからこそ意味が有ります。

 

もちろん、同カテゴリか

その記事を読んだ人に興味が出る内容にし、

関連性が強い記事を

リンク先に選んだ方が良いです。

 

他には、

直帰率、滞在率等が悪い事が原因で、

サイトの価値が下がる事が有ります。

 

この直帰率・滞在率に関しては、

少しだけ高度になってしまいますので、

私が教えていた方には、

 

●アクセス数が落ちた記事の順位をチェック、

上位に来ているサイトの記事との違いを探し、

記事にボリュームを上げる。

 

●現時点で数アクセス程度が来るような状態で、

順位を上げるとアクセスが来そうな記事を、

上位サイトと比較してボリュームを上げる。

 

●その規模のキーワードであれば、

上位表示可能なので、

同規模のキーワードを優先して責める。

 

実際に私が教えた方の中で、

収益が落ちやすい方は、

 

●オリジナリティーが無く、

淡々と事実を並べているだけで、

他のサイトと差別化が出来ていない。

 

●ごちゃ混ぜでブログの方向性が悪い。

 

と言う方は多いです。

 

最後の「ごちゃ混ぜ」系のブログを

されている方は意外と多いのですが、

私が教えている人を見ても、

最初は1地域等で統一した方が良いですね。

 

関東なら関東の情報で統一感を出してから、

九州の情報に行くと言う感じですね。

 

アフィリエイターは麻痺していますが、

特に大手メディアでも無いのに関わらず、

全国各地の情報をまとめているのは、

違和感しか有りません。

 

それがやりたい場合、

「全国の祭り情報」等のように

完全に特化するか、

物知りなキャラクターとして

特化させた方が良いです。

 

ただ、幅広くやり過ぎたり、

検索需要の季節性が強すぎると

検索エンジンからの評価が遅かったり、

需要が一気に減るので実践者のモチベーションが

下がりやすく感じます。

 

実際にアドセンス等のアフィリエイトを

実践すると分かると思いますが、

新語や新しいキーワードの組み合わせ以外、

検索結果にアフィリエイトサイトが

必ず出て来ると思います。

 

新規参入者がそれらのサイトに勝つ為には、

運営者のオリジナリティーを加えたり、

他のサイトには無い情報を加えるのが、

一番確実です。

 

アドセンス収益が減った時にやるべきでは無い事

実際に収益が減った人に多いのは、

●他のノウハウと混ぜてしまう

●諦めて違う事をしてしまう

●他の広告を貼ってしまう

と言う感じです。

 

最初に少し触れましたが、

アフィリエイトで報酬が上下する事、

予期せぬトラブルに見舞われる事

等は、普通に誰でも遭遇する事です。

 

この報酬が減った事を経験し、

「何故減ったのか?」

「どうすれば元に戻るのか?」

等を改善しない限り、

継続的に稼ぐ事は出来ません。

 

それに、

私の周囲の方でも、

●報酬が大幅に減る。

●サイトがパクられる。

●サイトが圏外に飛ぶ。

と言う方もザラです。

 

今は少し分かりにくいとは思いますが、

10個位やって、

2個位が上手く行く場合が多いと思います。

 

その2個が残りの報酬を補う感じですね。

 

私が教えて方の中にも、

報酬が減ってしまったので、

相談してみたと言う方も居ますが、

上位サイトをパクった人で無い限り、

報酬が戻る場合が殆どです。

 

ですので、

「自分はアドセンスで稼ぐ!」

と決めたのであれば、

アドセンスで稼ぐまでの間は、

他の手法を混ぜたりしない事ですね。

 

「教えて頂いて助かりました。

駄目だったら、諦めるつもりでした」

と言う方も居ますが、

改善すると良くなる場合が多いです。

 

ですので、

稼げるようになるのは

目の前にまで来ていますので、

絶対に諦めないで下さいね。