当ブログも、

色々な方に観て頂く機会が有り、

SNSでも色々と意見や相談、

悩み等をして頂ける機会が増えて来ました。

 

内容として多いのは、

●数十記事以上、

オリジナル記事を投稿したのに、

アドセンスの審査に通過出来ない。

 

●数百記事以上投稿しているのに、

全然アクセスが来ない。

 

なのですが、

私が教えて来た時 、

事前診断していた時と同じですので、

今回は対処法等について

説明させて頂きます。

 

頑張っているのに、アドセンス審査駄目だった人向け

記事も素晴らしい記事ばかり、

でも何故か、

アドセンスの審査に通らない。

 

多いのは、

最初の小見出し迄の間の文章が、

短過ぎる事です。

 

特にトレンド系で、

ペナルティーを受ける人に多いのですが、

パッと記事等を開いた時、

オリジナリティーが無いと、

ほぼほぼ落ちます。

 

この、オリジナリティーに関しては、

淡々と事実を書くと、

いくら独自情報や1次情報でも、

落ちる時は落ちます。

 

実際、アドセンス系の目視審査は、

パッと見ただけで終わります。

 

サイト全体を

しっかりと審査されるのは、

アクセス数がある程度以上増え、

そのサイト自体に影響力が出てからです。

 

それ迄の間は、

あなたのサイトをパッと目視するだけで、

合否を決めている。

と言うのが、私達の見解です。

 

当たり前ですが、

100万以上普通に稼いでいる人の意見ですよ。

 

あと、小見出し同士の間が数行程度の場合、

2種類の小見出しを繋げたた方が良いですね。

 

例えば、

【小見出し】◯◯の見どころは?

記事数行

【小見出し】◯◯が混雑する時期は?

記事数行

 

と言う状況であれば、

【小見出し】◯◯の見どころは?混雑する時期は回避必須

等に変えてしまい、

1つの小見出しを充実させた方が良いです。

 

理由は、

「小見出し」の役割と関係しています。

 

グーグルのクローラーのレベルも、

ずいぶんと上がり、

共起語等を使用するだけで、

そこそこ何に書かれている記事かは、

判断して頂けます。

 

ですが、

まだまだ「小見出し」に

軸キーワードを置くのは重要視されています。

 

ですので、

小見出しの乱発をしてしまい。

【◯◯の由来】

記事数行

【◯◯の開催日】

記事数行

【◯◯の穴場】

記事数行

【◯◯へのアクセス】

のような記事構成にしてしまいますと、

高確率で却下されてしまいます。

 

訪問者の方からしても、

記事を読み終えてからの満足度が

低くなってしまいますからね。

 

文章の始めの

オリジナリティとボリューム感、

「小見出し」のボリューム感は、

実際にペナルティを受けやすいです。

 

常にライバルサイトを意識し、

一番満足度の高いサイトを

目指す必要が有りますが、

ペナルティや審査落ちしていては、

同じ土俵にすら上がれませんからね。

 

文字数に関しては、

審査向け記事を投稿すると言う感じの

割と無駄な考えは辞めた方が良いです。

 

真剣に投稿した10記事とかの方が、

時間の無駄になりませんし、

私達の目的は、

アドセンスの審査を合格する事では無く、

収益化させる事ですしね。

 

過去に相談を受けた人の中には、

審査向け記事を10記事位投稿して下さい!

と言われ、何回やっても審査に通らず、

そのコンテンツ提供者に相談すると、

キレられたと言う謎の現象も聞いた事が有ります。

 

オリジナリティーの有るアドセンス記事って?

一見するとコンテンツ自体に差が有りませんが、

淡々と

「〜は、〜です。」

「〜は、〜だと言われていますね。」

「〜を食べましたが、美味しかったです。」

 

と言う文章のままだと、

グーグルアドセンス側から、

盗作するなとか、

オリジナリティーが無い

と言われてしまうみたいですね。

 

これを高確率で回避する方法は、

1、コンテンツ数を増やす。

2、ブロガー色を強くする。

と言う感じです。

 

1、コンテンツ数を

増やす事に関してですが、

新語の場合以外、

3000文字以上を基準にした方が楽です。

 

「えっ?3000文字も…」

と話される方も多いのですが、

検索上位常連のブログを見た場合、

それ位の文字数は、

軽くクリアしていると思います。

 

確かに、最初は誰でも

3000文字継続投稿は辛いと思いますが、

資産ブログを作りたい場合、

後々楽になりますので、

是非習慣化してみて下さい。

 

必ず、慣れて来ますので。

逆に、3000文字では、

伝わらない位になります。

 

次のブロガー色を

強くする事に関してですが、


私も◯◯の桜を観に行った経験が有りますが、

美しい桜のアーチが出来ている程で、

家族みんな満足していました。

オススメですので、

是非、行ってみて下さいね。


と言う感じのブログって多いのですが、

いくら本当に行った事が有る

リアルな口コミ等であったとしても、

存在価値があまりありません。

 

結構突き放してしまう言い方ですが、

最近の検索エンジンは、

「あなたの意見」を

強く反映させる傾向が強いです。

 

ですので、


私も4月1週頃に妻とちびちゃん2人を連れて

◯◯の桜を観に行った来ました!

2年位前◯◯道路が出来てから、

かなり、交通アクセスも良くなりましたよね。

 

私もちびちゃん2人に説明したいので、

◯◯の桜の歴史とかを

ちょっと調べてみたんですが、

◯◯◯年に◯◯から頂いた

ソメイヨシノなんですね。

 

つまり、150年も前から、

私達の生活を見守っていてくれたんですね。

歴史を知ったら、

より感動レベルが上がると言うか…

 

特に◯◯通りはオススメで、

毎年、美しい桜のアーチが出来ています。

かなりSNS映えもしますので、

一度は行ってみる価値は有ると思います。

 

私は毎年、

家族で行くのですが、◯◯公園には、

お手洗いと水道が有りますし、

◯◯駅近くにはコンビニも有ります。

家族連れにも人気のエリアです。

 

それに、

レジャーシートが広げられる広場が有り、

桜の時期になると露天が沢山有ります。

 

ちょっと割高感が気になりますが、

◯◯市ご当地B級グルメの◯◯は、

家族も大好物ですので、

是非1度と言う感じです。

 

当記事では、

◯◯、◯◯、◯◯について、

説明させて頂きますので、

参考になれば幸いです。


実際に行った経験が有る方であれば、

これ位の内容は楽にクリア出来ると思いますし、

行った経験が無い方であれば、

 

●トリップアドバイザーの口コミ

●じゃらんの口コミ

●Google Mapsに投稿されている口コミ

●Yahoo!知恵袋

 

等を参考にすれば、

簡単なリサーチ程度で書けると思います。

 

割とコツなのですが、

検索している人に対して

プラスアルファになる情報

を意識するのが検索エンジン的にも良いです。

 

あと記事構成に関しての補足ですが、

関連性の高い小見出しを選んだ方が良いですね。

 

例えば、

◯◯の桜へのアクセスが軸キーワードであれば、

アクセス

穴場

駐車場

見頃

等で私ならまとめてしまいます。

 

理由は、

◯◯桜に行く事が前提で調べていますので、

行く事を前提にした人が検索していそうな

キーワードでまとめた方が、

役に立つからです。

 

ここで、とは、由来、歴史等を

入れる方も多いのですが、

私なら別記事でまとめて、

相互内部リンクで紹介します。

 

こちら側の場合、

行く事が前提では無く、

なんとなく知りたいだけの方も

多いからです。

 

初めから行ける場所では無いけど、

テレビでやってたから検索したとか。

 

まぁ、行けそうな場所だったら、

行く人も居るのかも知れませんが、

基本的にアドセンスの場合、

大きなアクセスが必要ですので、

私は多数の思考を優先しています。

 

炎天下の夏でも、

海外の寒い地域に旅行に行かれる方は、

強い防寒着関連を検索しますが、

それってアドセンス向きでは無いですよね?

 

そんな感じです。

私の場合、ASP系だと、

後者の思考にする時が有りますが…内緒ですよ。

 

ここは、

実践している方の考え方にもよりますが、

徹底的に訪問者目線を考えた場合、

 

顕在層寄り

潜在層寄り

潜在層と顕在層の中間

 

に関するキーワードで、

分けて考えた方が、

私の場合、

手応えは良いですね。